• マスター

SW episode 13~センタースピーカー探しに苦心する日々。でも、ここで止めては男が廃る!!~

フロントスピーカーを大きいモノに変えると

当然迫力が増します。


で、

大音量で映画を観ると音圧も増して

感動レベルも上がります。


大のお気に入りで日本でも大ヒットした

『グレイテスト・ショーマン』のUHDで

Dolby-Atmosを爆音で見た時のこと



通常の音量の時にはあまり感じないのですが

音量を上げると

音楽にヒュージャックマンの歌声が負けるというか

出が悪い気がする…

(ヒュージャックマンが悪いわけではないです!)


爆音時はセリフもボソボソ聞こえる気がする…

(もう一度言いますが、ヒュージャックマンが悪いわけではないです!)


これって、

センタースピーカーがフロントスピーカーに負けちゃってるんです。


こうなると、

フロントスピーカーに負けないような

釣り合いの取れたセンタースピーカーにしなくてはいけないのかなと思いました。


そりゃそうなんですよ。

フロントスピーカーはLIVEハウスで使ってるような本格派なのに、

センタースピーカーはホームシアター用。


全然ちがって当然なんですよね。


ということで、

そこからセンタースピーカー探しの旅の始まり!!!


選定の際、

フロントスピーカーと違って

センタースピーカーは場所の制限があるんです。


何しろ、でっかいスクリーンにかかるわけには行かない!

このスペースが、以外とせまい(笑


その範囲を守るのは必須で、

それでいて、なるべく大音量でも負けないような大きいモノ…


となると、センタースピーカー用だけじゃなく

色々なスピーカーで検討しないととなったわけです。


最初に目を付けたのがJBL 4312Mペアで

センターに2発横に倒して設置してみる計画。



コレならばスクリーンにもかからず画面を邪魔することもなく

幅広い音にも対応できるはず


ですが、

ん〜思ったよりも普通だな…というのが正直なところ。

高かったのにね。


ならばもっとウーファー部が大きいモノにじゃないとだなということで

JBLの4302シングル。


コレを横置きでセンターに…



ギリでスクリーンにもかからず低音も出てる感じ!

コレはいいぞぉ〜!!!


設定も変更して音量を徐々に上げていくとさらにイイ感じだし。


そして、いよいよ爆音の領域へ…

大音量の低音域の直後のセリフを聞くと、

なんと!!!

音が割れてる~~~!!


惜しかったなぁ〜高かったのに…


と、こんな調子で、あれこれ替えていったわけです。


チョイチョイ届く大きい段ボール、

そろそろ出費がバレるかもな。


そんな冷や汗をかきながら、

しかし、

ここで手を止めると、男が廃る!!!


爆音でグレイテスト・ショーマンを堪能するまでは

やりきる覚悟を決めたのでした。